これまでとこれからも

--- 政治家(議員)になった動機(きっかけ)は?

「生活者ネットワーク」の代理人(議員)となってほしいと要請されたことがきっかけ。
自ら議員の道を考えたことはなく、夫のひと言「やってみれば。案外向いていると思うよ」が決定打。
2期目から無所属となり(4期目は「みんなの党」)、連続5期当選。

--- 政治家(議員)として心掛けているところ。

市民目線・市民感覚をもって行政(税金の使い道)をチェックすること。
区議会議員は何をしているのか、議会で取り組んでいること、区政でどんなことが起こっているか、問題点は何か等々、ブログ、ツイッター、フェイスブック等を使い、区民への情報発信を心がけています。
毎日更新の「活動日誌ブログ」は「政治家(市区町村)」ブログ人気ランキングで全国1位をキープ中。また、ニュースや政治番組を見ること、と、勉強の機会があれば積極的に参加するように努めています。

--- 政治家として遣り甲斐を感じることは?

議員に与えられた権利である議会質問ができること。
区民の声から必要なことを議会で提案し実現できたり、税金の無駄遣いや改善すべきこと、不正などを議会で追及・改善できたりすることにやり甲斐を感じます。

---力を入れている(入れていく)政策は?

「税金の無駄遣いや不正をチェックし、行政のセーフティーネットである福祉の財源を確保する」
「仕事と子育てが両立できる環境整備」「首都直下地震への対策」「世田谷ブランドを生かした魅力ある街づくり」
「豊かな教育環境の整備」「保坂区長が住民意識調査を正しく行わずに導入した世田谷ナンバー問題を追及。品川ナンバーの復活を目指す」

---政治家にならなかったら何になりましたか?

新卒で就いた職業は公立中学校の教員(保健体育)。
その後、タイ在住の機会があり、タイの国立大学で日本語を教えていたことから、帰国後はタイ語の講師&日本語教師をしていました。

---有権者(特に若い方達)へのメッセージをお願いします

「どうせ誰がやっても変わらない」「誰に入れたらいいかわからない」と思う方が多いと思いますが、
そのように組織や特定の団体に縛られない皆さんの意思が区政を変える力となります。
多くの議員がブログやSNSで情報発信をしているので、ぜひ一番身近な自治体の世田谷区議会に関心を持っていただけたら!と思います。